卒業後の勉強

卒業したら、勉強しなくてもいいというわけではありません。ある意味、一生学んでいくものなのかもしれません。それは、学校の勉強とは違って、自分に必要な知識を増やしていく作業といえるかもしれません。特に、英語を学ぼうとする人が増えているようです。ところが、授業で何が一番苦手かと聞くと、英語という人は多いようです。逆に得意なのは英語と答える人も多いのです。なぜこのような結果になるかというと、これは推測ですが、勉強方法に要因があると思われます。英語は言葉ですから、右脳で覚えなければならないのです。それを、暗記や詰め込み式で一生懸命左脳で覚えようとしていることに問題がありそうです。赤ちゃんが言葉を覚えるように、自然に記憶していくことが理想なのです。 しかし、多くの人がわかっていることなのに、なぜ、苦手意識は消えないのでしょうか。それは、勉強しなければいけないという思いにあるのかもしれません。どうしても左脳優位の勉強は、記憶にとどまりません。それよりも、もっと自然体でやっていったほうがいいのです。今話題の勉強方法は、日記を英語で書くというものです。日記と言っても、そんなにダラダラと長く書く必要はありません。それでは、嫌になって続きませんね。それよりも毎日コツコツと1行でもいいので続けることです。そのためには、誰かに見てアドバイスもらえるほうが、やりがいがありますね。英語の日記を添削してくれるサイト があるので、利用してみるのもいいと思います。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。