ダンス

運動会の名物種目である、ダンス。楽しみにしている父兄も多いことでしょう。子どもたちも一生懸命練習した ダンスを見てもらうのを楽しみにしているようです。全員参加で運動能力で差がつきにくく、運動の苦手な子も 活躍できます。幼稚園児や低学年児は動揺やディズニーなどの音楽で可愛らしい「おゆうぎ」が中心のダンスで、 一年生から六年生まで、年齢差がある小学校では可愛らしい一年生のゆうぎは全観客の楽しみでもありますね。 各学校や、先生の好みによって、今ヒットしている曲を使ったり、既に曲も踊りも定着しているヒット曲、を使 ったり、地域の民謡、盆踊りをつかったり様々ですが、全国の小学校の運動会で広くおこなわれているのが、 「南中ソーラン」でしょうか。もともと北海道の荒れた中学校が生徒たちの建て直しのためにソーラン節を取り 上げ、従来のソーラン節をテンポアップしたビートの聞いた曲に編曲し舞踏家による激しいダンサブルな振付が 子どもたちの心を捉え、学校の名前を取って「南中ソーラン」として確立したのがはじまりですが、全国的には ドラマ「3年B組金八先生」でとりあげられ知名度をあげました。そして各学校の運動会で取り入れられて今では 高学年の定番のダンスです。低学年の間では「大きくなって早くあのカッコ良い踊りがしたいな」という憧れの ダンスでもあります。いまや自分の体を隅々まで使って表現するダンス種目は体育教育では欠かせない種目の一つ なのです。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。