ガンバレ一年生

入学式といわれても何故か卒業式ほど思い出がないと思いませんか?でもよく考えてみればあたりまえですよね。 何年間かの思い出がたっぷり詰まった学び舎と、ともに青春の日々を過ごした友達と別れなければならない卒業 式と、期待と希望はあるけれどまだ友達も先生もよくわからない、緊張に身を硬くしている入学式。気が付いた ら式典は終わっているし、考えていたことと言えばどんな風に声をかけて友達をつくろうかなということばかり だった・・なんてことも。列席している親御さんも卒業式には子どもの立派な姿に成長を見て感激して涙をこぼ すということもあるけれど、入学式ではこれからどうやってPTAの役員を選ぶのかしらなんてことを気にした りしてドキドキしているのは子どもと一緒だったりします。でも出かける前には目いっぱいお洒落をさせて、 自分もお洒落して、ハレの日であることは間違いありません。そして小中学校の入学式は家族にとっても節目で あることも多いのではないでしょうか。子どもの入学を機会にお母さんが久しぶりに外に働きに出たりして家族 の生活に変化が起こる時期でもあります。四月は街に電車にバスに初々しい一年生があふれる月です。親も子も 初めての経験がいっぱいあって落ち着かない日々が続くでしょうが日差しが強く眩しくなるころには、その一年 生たちもすっかり街に溶け込んでいるのでしょうね。この春に入学式を迎えるのであろう親子連れをみかけたら その背中にそっとエールを送ってあげてくださいね。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。